コロナ時代にやってきた!40代女性アメリカ生活日記

コロナ時代のアメリカ単身生活。ソーシャルディスタンス時代のマッチングアプリ体験記、美容、アパート探し情報。

アメリカのマッチングアプリ マッチドットコム②有料?無料?

 前記事はこちら

dcus.hatenablog.com

 

 

 有料プランか無料か

最初は、

・何か月もかじりつくのなんだし

・3か月もすれば社会生活も復活するのではないか

 

という推測もあり、有料にするにしても1か月限定の自家ルールでスタート!

だったはずが、ずるずるハシゴして、ブログ書くまでに至っています。
 
マッチドットコムは、無料会員でもプロフィールを作り、検索することはできます。写真、プロフィール、すべて見ることができます。ということは、逆もしかり
 
無料会員からも、自分のプロフィールも写真も閲覧可能なわけです。そして、有料会員にならない限り、自分に送られてきたメッセージも・ライクも見れない・足跡も見れない。課金しなければ、やる意味(=プロフィールさらす意味)はない、と思います!
 
アメリカでは山とあるクーポンサイトにクーポンが落ちていますので、まずは無料お試し3日間で様子見。
 
ちなみに、日本版(URLがjp終わり)では、使い始めると半額オファーがくるようですが、アメリカのサイト(.com終わり)は違います。その時によって、何%オフだったり、3日間無料だったりがクーポンサイトで出ています。やるなら、検索してどれか使ったほうがいいと思う。

 ~お試し後~

3日間やってみて、断然普通&経歴もちゃんとしている人がざくざくいました。(マッチング・ドット・コム日本版を使った時、衝撃だったのは、40,50代男性のどう見てもその辺のいけてないおっさんが、たぶん本気で、「20代しか無理です!」とか書いていたこと。「婚活」が言われて10数年経ちますが、日本社会の歪みが増幅されているのが、日本のいわゆる婚活文化になっていると思います。そもそも歪んでいるものに、合わなくて苦しんでいる女性が多い。そろそろ変わってよかろうと思います)。
 
3日間登録して反応もあったので&好みタイプも結構いたので(←実はこのあたり、数か月前に書いていたので、我ながら今読んで驚いてます!)1か月分課金。30ドルくらい。3000円というと高く感じますが、アメリカの物価だと、日本の1800-2000円くらいの感覚です。ま、いっか、的な。
 
 ただ、新規参入も常時そこそこいますが、1か月もあれば、パトロールは一周してしまいました。3か月、6か月プランにすると、月当たりの料金は安くなりますが、今、エリア内で登録して活動している人は有限!なので、何か月もやらなくてもいいかな、と思います。
でも、知り合いは、1年だと安いし、ちょっとした愉しみとして1年登録した、と言っていました(もちろん、目的は結婚相手探し、だそうですが、やっぱり反応があると楽しい)。判断基準は人それぞれですね。
 
続きます。

 マッチドットコム編③

dcus.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村