コロナ時代にやってきた!40代女性アメリカ生活日記

コロナ時代のアメリカ単身生活。ソーシャルディスタンス時代のマッチングアプリ体験記、美容、アパート探し情報。

2020年アメリカのマッチングアプリ③コーヒーミーツベーグル(CMB)

マッチドットコム、ヒンジに続く、3つ目のトライはコーヒーミーツベーグル、略称CMB

ただし、お試しのみです。 

 

マッチドットコム①~⑤ はこちらから

dcus.hatenablog.com

 ヒンジ①~④はこちらから 

dcus.hatenablog.com

 

コーヒー・ミーツ・ベーグル(CMB)

coffeemeetsbagel.com

※アプリのみ。Web版はなし。

 

コロナ期のアプリレビューにバグの報告が多くて不安でしたが、普通に使えました。

ただ、プロフィールの記載事項のフォーマット、個性が平板化される気がします。

一般的な事項が多くて、あまり面白くない。

必須項目に、子供の有無もない。

オススメのアルゴリズムが合わない!

私にはあまり合いませんでした。

 

登録者の傾向としては、マッチドットコム、ヒンジに比べて、ぐっとアジア系男性の数が増えました! 日本の方はそれでも少数の印象です。アジア系男性も、アメリカ生まれ、アメリカ育ち、アメリカの大学、というアメリカ市民が多そうでした。

 

仕組みとしては、毎日12時にオススメが10数人送られてきます。それを、パスするか、LIKEするか、判断する。(あっという間に終わる~)。マッチングすると、メッセージのやり取りが可能になります。

バンブルやヒンジのように、四六時中、スワイプするか否かでかじりついている必要がない、というのも売りのようでした。

確かに、毎日12時に来るのを判断して終わり、は効率がいいですよね、ただし、いい人が来れば

そして、忘れてはならない、当該地域のアプリにいる人は有限、の壁。

 

有料か無料か

1か月35ドルくらいとお高め。マッチドットコムくらいでしょうか。
まあ、課金しなくていいかなぁ、という感じでした。
そんなこんなで数日したら、1週間フリートライアルのメッセージが来たのでお試ししました。
 
結論から言えば、
・私の好みの人が少ない
・子供の有無(私の重要項目)が書かれていないフォーマット
なので、まあ、課金するまでもなし、という感じでした。
 
有料プランになると、ヒンジ同様、自分にLIKEをした人が見れるようです(記憶が……)。
 
無料でもある程度見ることができます。
 ・あなたにLIKEしました、という欄に、自分の絞り込み対象内の人でこちらにLIKEしてくれた人が見れる
・そこにはいないけれど、サーチ欄に出てきて「あなたにLIKEしました」と表示されている(=自分の絞り込み対象外だけれど、自分にLIKEした人)
 
 
LIKEのところに数が出るのですが、Max9人、それ以上ライクがいても、無料会員では9+と出て、実数が見れない。
 
無料でも毎日一回オススメは来ますが、そのオススメの前半部は、向こうがLIKEをしてくれた人物
LIKEをしてくれた人は、サーチ上でもその旨、表示される。
LIKE同志のメッセージのやり取りは無料。
 
⇒そこそこ無料でも使えそうだし、無料でもいいのかな。
 
サーチ欄にもランダムで出てくるので、そこで気に入ったらLIKEができます。(これは無料でもできたかな、、、忘れてしまいました。追記:LIKEするのに、CMBのポイント?にあたる「ビーンズ」というのが消費されます。購入もできます。ただ、最初に一定量の「ビーンズ」が支給され、毎日アクセスするとその都度増えますので、購入するまでもなし。
 
私が重視している婚歴や家族ステイタスが見えないのもネックなうえ、初期のオススメがあまり好みに合わず、課金する気にならなかった。
 
追記:オススメに出てくる人が気に入らなかった理由は、おそらくアルゴリズムにあると思います。CMBのアルゴリズムが私の要望に合わなかった
 
こちらの出自を「東アジア」としたせいか、最初のオススメが「東アジア」カテゴリーの人ばかりでした。アジア系を好まない、というのではありません。出自を第一基準にしたアルゴリズムが合わなかった。私にとっては、ほかの項目が出自に優先するので。(実際、エスニシティはどのアプリでも「すべて対象」にしています。)
 
結局、ヒンジのアルゴリズムの方が合うようで、気の合う人がバンバン出てきたので、
CMBは1週間で辞めてしまいました。。。
 
フリートライアル1週間で自分の好みであれば、課金すればいいのかな、という熱量の少ないレビューです。

良い点

・無料でもそれなりに使える、トライアルがある⇒ アカウントを作って、試す価値あり!

・きちんとした職業、大学の人が多い

登録者はある程度、マッチドットコムともかぶっていました。

CMBでは、マッチドットコムよりも大学名や職業を明示している人も多く、クロスチェックにも良かったです。
 

イマイチだった点

・アルゴリズム(上述) 出身地域優先?

 

・メッセージが途絶えたりすると、アプリ側から「メッセージしにくい? 勇気出して!」といったノリの絵文字入りメッセージが入ってくる。
 
ちょっと忙しいときに、本人からのメッセージからと紛らわしいし、ほっといて(笑)、という感じでしたので、アプリも相性ですね!
 
・「ベーグル」(たしか、対象相手のこと)、LIKEを一定数量以上送るときに消費するポイント「ビーンズ」という独特の呼称も慣れず。。。
 
 ・インターフェースもちょっとイマイチ。
 
 
以上、非常に熱量の低いレビューでした。。。
この段階で、オススメはやっぱり、ヒンジ(hinge)。ヒンジをメイン使いしていました。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村