コロナ時代にやってきた!40代女性アメリカ生活日記

コロナ時代のアメリカ単身生活。ソーシャルディスタンス時代のマッチングアプリ体験記、美容、アパート探し情報。

OkCupidを戦略的に使う⑤プロフィール

アメリカマッチングアプリ渡り歩き。

期待せず始めたOkCupidで出会えました。

プロフィール作成について。

 前記事こちら。dcus.hatenablog.com

  

dcus.hatenablog.com

    

dcus.hatenablog.com

 

 

dcus.hatenablog.com

  

dcus.hatenablog.com

  

目次

箇条書きのプロフィール欄

まずは、基本項目として表示されるプロフィール欄。

・年齢

・居住地

・職業

・探している対象(関係性、属性等)

 

OkCupidは多様な性の在り方に開かれているアプリでした。 dcus.hatenablog.com

 

とりあえず、その辺は、

 

・モノガミー(対象は一人、複数交際ではない)

・異性愛

 

と明記してスタート。

 

職業なども大まかに、ターゲットゾーンにわかってほしいあたりを明確に。

相手とどういう関係を望むかには、

 

・一生の相手!と重めの回答を。

 

短期間、友達作り♪も結構いますので、同程度の真剣な相手を探すには、重め(「一生の相手」)で正解と思います。

 

自由記述欄が重要

OkCupidの自由記述プロフィールは、これまで見たアプリのなかで、もっとも書きこんでいる人が多かったです。

トップにくる自由記述の自己紹介欄のほか、自分でプロンプト(質問)を選んで、それにこたえるかたちで書きたいだけ書けます。

 

箇条書きのプロフィールにもどこに住んでいて、何をしていて、等書けますが、職業や居住地(これまではどこどこにいて、こちらに来て何年目、など)の遍歴など、詳しく書いてあると、やっぱり素性が分かって安心感もあり、メッセージを送る敷居も低くなります。

プライバシーを漏らし過ぎないよう(無料会員でもプロフィール閲覧は制限なしのため)、必要なところ、アピールポイントとなるところを、うまく組み合わせて入れ込んでいきます。

 

文字制限はありませんが、長すぎると後ろは読んでくれない可能性もあるので、やはり、トップのプロフィールで「自分について知るべき情報、自分のPRポイント」をうまく組み込んでいく文章力は必要と思います。

これは、アメリカ社会では必須の能力なので、この辺り、仕事もできてそうな人はうまい気がしました。

 

 

写真

写真もかなりの数を載せることができます。

やはり、写真が多い、最近ぽい写真が多いと、プロフィールを見る気になります。

 

ただ、一方で、無料会員も無制限にプロフィール閲覧可能。

この辺りはプライバシーも考慮して、メッセージやLikeがたくさん来ている、すでにいい感じのやり取りが始まっている、といったときは、いい写真を下げる、など、適度に写真を制御することで、コントロールは可能ではないかと思います。

 

写真のアップロード、削除は自由自在にできます。

 

トップ写真が仮装していて顔が見えない、アイコンだけ、サングラスだけ、等々は、フェイクっぽいうえ、既婚者の可能性ありと見て、避けたほうが(あるいはLikeが来たらブロックしてしまったほう)が安全と思います。

逆に、そうした写真を使うと、そうみられる可能性があると思ったほうが良いです。

 

あまりにイケメンの写真は、1枚、2枚しかない場合は、ネットから拾ってきた可能性が高そうです。

 

逆に、自分の結構いい写真を、複数枚出してしまうと、フェイクアカウント作成に使われる可能性もあるので、OkCupidやマッチのように、無料会員が無制限でプロフィール閲覧できるアプリでは注意したほうがいいのでは、とも。

OkCupidは、少なくともアメリカは、多数の使用者がいますので、長期間、自分の写真を複数枚出しっぱなしにはしないほうがいいのではないか、と思います。

画質は下げたほうがいいですし、白黒にしちゃってもいいですし、遠景を組み込んでもいいでしょう。

 

心配症なので。

 

プロンプトに答えるかたちの自由記述

さらに、さまざまなジャンルで複数用意されている質問に自由記述で答えることができます。こちらも字数制限なさそう。

 

好きな本、好きな映画、好きな音楽、好きな食べ物、等々、ダダダーっと羅列しまくっている人も結構いました。そこに、自分の好きなものなんかがあれば、メッセージを書くきっかけにもなります。

こういうあたりも、趣味が合うかどうか、を判定する決め手になりました。

 

ついでに、好きなタイプのおしゃれ系の人の回答を見て、町のいいミニシアターとか、ライブハウスとか、バーとか、チェックすることもできました(笑)

 

プロフィールはそれなりに、多角的に自分をアピールする場所だな、と改めて。

 

オンラインを示す緑のマーク

アクセスしている間、オンラインを示す緑のマークがつきます。

結構読むので時間を取られる=初期はオンラインが長くなりがち!

 

オンラインが長めの人は、アプリを使い始めた人=活発に活動している人、と思って良さそう。

逆に、誰か特定の人とアプリの外でやり取りを始めると、あまりアプリに寄り付かなくなるので、オンライン状態が少なくなるようです。 

 

 とにかく、読むところたくさん、書くところたくさん。

時間を結構取られますので、コロナ期にぴったり?!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村