コロナ時代にやってきた!40代女性アメリカ生活日記

コロナ時代のアメリカ単身生活。ソーシャルディスタンス時代のマッチングアプリ体験記、美容、アパート探し情報。

クレイグスリストでアパート探し?

 

コロナのアメリカでのアパート探し、あれこれ。

出発前に日本から見てみたのが、こちらのサイト。

 

Craigslist―★オススメしない

最初に使ってみたのは、クレイグスリスト(Craigslist)。現地の友人のお勧めでした。

(オススメしないので、リンク張りません。)

 

エリアを入れて、値段を入れて検索します。好きなエリアに絞ってみていくと、きれいな写真がたくさん出てきて高揚しますが、これがまたちょっとクセモノ。

 

私は一軒目でたまたまクリーンヒットした(しかし、のちに白紙)ので、一気に信頼度が上がったのですが、その後はscam続き。この経験で時間の無駄と思いやめました。

現地でのちょっとした物の売り買い、譲り合いならいいのかもしれません。友達もいろいろ売り払ったり、買ったりしています。

 ただ、賃貸物件はかなりやばかった。

 

というか、私も慣れていなかったので、一発で怪しさを見抜けてなかった。。。

(いつもは何かしらのツテなり、すでに用意されていたり。ネットで探してみたのは今回が初だった。)

注意すべき物件

日本からだと、やはり相場がわからないというのが弱点です。

が、日本でも海外でも、知り合いが貸してくれるわけでない限り、立地抜群、内装も良くて安い!ということはほぼありません。

 

中心部なのにお手頃!というものを、それなりに吟味してメールを送ってみたのですが、明らかにひっかかる返信がちらほら。

 

怪しい返信

 

・宛名も挨拶もなく、「これこれのメールアドレスにメールを送ってこい」とだけあるもの。これが数時間ごとに2,3通きたときはなんだか嫌だった。(無視していたら来なくなった。)

 

・名前、メールアドレスはあり。入居申込書のファイルが添付され、すぐにそれに記入して送り返せ、というもの。内見もなし、電話もやり取りもなし、物件が存在するかどうかも相手の素性もわからないままに、アプリケーション(フルネームや個人情報)を送るべきではない、です。

 

このあたりも、あら、文化の違い?とか、一瞬おかしいと思いながらも何事もないように脳内処理してしまいそうになりました。。

危ない。。。

 

・「現地の友達に内見してもらう」と返信すると、今は市外にいて(←これが多い)、来週以降になる、等々、引き伸ばす。

 

・いきなり、デポジットを要求する→これは詐欺確定。

 

上のような返信が来たら、無視、でいいと思います。

無視すれば、その後は特に連絡も来ません。

 

ファーストコンタクトで個人情報を開示しすぎない

常識かもしれませんが、最初の段階はフルネームを名乗らず、ファーストネームのみなり、日本人の場合は、ありふれた苗字の場合は苗字など、特定されない範囲のものでいいのではないでしょうか。メールアドレスも、所属機関のもの(変えられない)ではなく、フリーメールのアカウントは必須です。

 

最初から日本人です、等と書く必要もありません。

希望居住期間での居住可能性を聞くだけがファーストコンタクトとしては十分。

 

小さな違和感を文化の違い、と脳内処理しないように、注意です。

日本でも外国でも基本は同じ。日本でやらないことは、海外でもやらない。

もちろん、きちんとした不動産屋さんにお金払って頼む場合はまた別とは思いますが。

 

結論

 Craigslistは、内見できない外国にいて物件探しをするにはまったく時間の無駄でした。

相場の把握にもならなかった。

現地の友達が代わりに見に行ってくれると言っていたので上記の物件を見せたところ、「安すぎる!詐欺!」と指摘してくれ、おかげさまで感覚がつかめました。。。

 

家族でのお引越しはまた別と思いますが、現地の人に聞いてみつつ、ネットはごくごく参考までに見ておいて、現地についてから探すのが現実的だと思いました。

 

それじゃなくとも出発前にはやることたくさんありますし。

 

騙されない決意が安全につながる

マッチングアプリでも思いましたが、当たり前ですが、騙されることが嫌なんだなぁと思います。

騙されたことによる金銭的、物質的損失よりも、騙されてしまった事実を受け入れるのがきつい。なので、騙されまい!と注意深く、疑心暗鬼に(笑)動いているせいか、そこそこ安全に海外でも暮らせています。

 

40代になって、自分の直感をある程度信じられるようになってきました。

 

日本でも海外でも、善悪や倫理的な判断は自分の直感に従って大丈夫。おかしいな、という違和感を大事にすることは、自分を守るために重要です。

倫理的判断に文化の違いも何もない。

 

判断に自信がもてるようになってきたのも、年齢を重ねたことによるんだなぁ、と思うこの頃です。

 

前記事こちら

 dcus.hatenablog.com

  

dcus.hatenablog.com

 

続きはこちら。 

dcus.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村