コロナ時代にやってきた!40代女性アメリカ生活日記

コロナ時代のアメリカ単身生活。濃厚接触不可能、ソーシャルディスタンシング時代のマッチングアプリ体験記、デート、美容、アパート探し情報。

初心者向け―単身アメリカ都市部アパート探しポイント

 

 

あっという間に記憶も薄れてきましたが、コロナ期アパート探し(アメリカ都市部・単身用)のポイント。

 

優先事項を定める

オンラインが主流のコロナの時期、勤務先に行くのか行かないのか、で選択肢も変わってきます(結局、今のところ在宅)。

 

・家賃重視ならば、郊外(家賃が安い)という選択肢も出るのはコロナ期ならでは

 

・英語力アップ、コロナの孤独を避けて社会生活を継続するために、あえてシェアという選択肢も(ただ、相手次第なのでコロナの時期はちょっと微妙ですね。)

 

・あえてコロナで家賃が下がったところで、普段手の届かない中心部やらの良いコンドをグレードアップして選ぶという手も

 

在宅ワークで一人暮らしだと、話す機会もない、英語を使う機会も少なくなる。

 

というわけで、良い相手が見つかったら誰かとシェアをする、というのも一つの手だと思いました。複数だと、広い物件をレンタルする可能性も出てきます。

 

在宅ワークになるのであれば、運動不足解消や気分転換のため、公園やトレイルがある郊外を選ぶのも手かもしれません。郊外に出ると、当然、家賃も下がります。

 

都心部の良さは、住居を出ると人通りがあること、お店もamazonやらネット商品の返品なんかも手軽にできること(笑)

レンタル自転車や徒歩で、あちこちいけます。しかも、今は観光もビジネスもほぼ動いていないので、町がすいていて、快適。

 

とはいえ、通常時の都心部のメリット(カフェ、バー、レストラン、劇場、映画、美術館)はコロナ期ありません。

 

わたしはとりあえずまだ在宅ワークが解除される希望があったときに探したので、中心部&コンドで探しました。

 問い合わせ

居住者募集のネット情報は、コンドミニアム(集合住宅、マンション)自体が出しているもの、コンドの個別住居オーナーが個人的に出しているものに分かれます。

 

賃貸最低期間

コンドはたいてい、規則により入居の最低期間が決められています。

短くても契約6か月、多いのは1年ミニマムでしょうか。

 

1年未満の短期で探すのはやや難しいです。

 

そこで、短期の場合はairbnbやsabbaticalhomesのようなサイトがオススメです。

dcus.hatenablog.com

 

各地にアパートを買い上げてリフォーム→短期貸しをしている会社・サイトもありますが、結局高くつくし、写真が盛り気味で実は古い物件、というのも多い印象でした 

 

家具の有無

不動産サイトZillowで探すと結構多いのですが、コンドが直接出している物件は、家具なしであることも多いです。

1か月の家具レンタルもありますが、結局かなり高くつきます。

 

そこで、問い合わせの際は、

 

・家具あり希望

・希望期間と希望入居日

 

を先に出して、問い合わせするのがてっとりばやいかと。

 

個人オーナーがコンド内に所有する自身の物件を出している場合でも、コンドの規則でsabletは6か月以上、と決まっていることが多いです。

ただ、その辺りはオーナー次第で、厳密ではないような印象でした。

オーナーの裁量でなんとかできる範囲?(Sabletが6か月以上とされているコンドでも、数か月でもOK、とか、契約後に最後の1,2か月短くなっても大丈夫、とか。いずれ、コロナで先が読めないので、突然状況が変わる可能性についても、話してありました。)

そして、肝心なやり取りはメールで、文字として残るもので。

 

そのほか抑えておきたいところ

 

・洗濯機・乾燥機(Washe/Dryer)の有無

コンドでは共同のものをシェア(有料)のことが割と多いです。ただ、学生寮的な混雑は皆無で、数も十分用意されてきれいですので、問題はない。

 

・電気代、インターネット代等の負担が込みか。

込みでなければいくらくらいを見込んでおくか。そもそもインターネットがあるか、ちゃんと動くか。

 

・自転車・自動車がある場合は、パーキングの有無

自転車は室内に持ち込むのか、コンドに駐輪場があるのか、その場合は有料か、など。

 

・宅配便の受け取り方

コンシェルジュのいるコンドのほか、常駐者がおらず、宅配業者が玄関のオートロックを入って、建物内にどかっと置いていく方式も。

タウンハウスはたいていコロナ期は玄関先に黙って置いていく方式。

 

・HOA fee

Zillowがそうですが、素敵!お手頃!物件も、 下のほうにスクロールしていくと出てくる、HOA(管理費)という項目を要チェックです。

 

0のことも多いですが、たまにここでがっつり!ということもあります。

お家賃は、記載の家賃+HOAになります。

 

 

そのほか、これは譲れない! ポイントがあったら最初のメール段階で聞いておく。

 

次は内見について。 

 

コロナのアパート探し情報過去記事こちら。

 dcus.hatenablog.com

dcus.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村